img_01

中古複合機の利便性をみてみましょう

オフィスの複合機は、中古複合機を採用するところも増えています。

近年の景気の先行き不透明感や業績悪化で、企業側も、さまざまなコストを下げる努力を行っています。
中古複合機のリース契約では、月々支払う金額が格安なので、よく利用されています。
複合機の場合、複写機、プリンター、スキャナー、ファックスなど、多様な機能を1つに機器に備えています。
そのため、たとえ中古でそろえたとしても、別個に購入すると、それなりのコストになります。また、バラバラに購入した場合には、オフィスの中で場所をとることになります。最新の情報で中古コピー機情報をお探しですか。納得の中古コピー機激安情報をピックアップしたサイトです。
その点、すべて一体の複合機は狭いオフィスにはもってこいなのです。


中古複合機は、中古という点でも安くなります。
ただし、すべて一体となる複合機には、過重な労働をさせやすくなるために、故障が起こる可能性もそれだけ高くなります。


そして、故障場所によっては、すべての機能障害につながる場合があります。

また、複数の機能を同時に使おうとすると、待ち時間が生じることになります。

しかし、このようなデメリットを超えてあまりあるメリットが中古複合機にはあります。中古複合機についての情報です。

中古複合機も、カウンター方式で導入します。
また、保守サービスがついています。

保守サービスでは、電話をかけると、すぐ故障などに対応すべく駆けつけてくれます。
カウンター料金は、機械でプリントアウトするごとに内蔵されたカウンター数が増える仕組みになっており、これに基づいて計算されます。

計算に関しては、契約時に、1枚あたりの単価に基づいて計算されることになります。
このカウンター料金には、現像剤や感光体など各消耗品の料金、交換代、メンテナンス代など、すべての費用が含まれています。中古複合機の場合、機器代が安い上に、毎月の支払額が安く、かつ、何度メンテナンスに来てもらっても無料というのは、とても使い勝手のよいものです。


これが買い取ったものであると、消耗品の購入やメンテナンス代で多額の出費が必要となります。

http://www.taxisite.com/
http://www.teito-mot.com/
http://www.mk-group.co.jp/